こころに感じる日々のことや 不思議な気付きを綴ってゆきます…
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
四月朔日
2015-04-01 Wed 12:00
扶桑之巻 第一帖 より

何も彼も鏡にうつるのであるぞ。
鏡が御神体であるぞ、
何もうつらん御神体のカガミは何もならんぞ。

--------------------

昨日は夏日となったのに
今日は一変して寒い日

市街地の桜の名所では
桜の蕾がほころんできたところの
この寒さと雨…

それでも一輪 
また一輪と開花してゆくことでしょう

山手のこちらでは
ようやく梅が満開に。
追いかけるように木蓮が咲いています

そんな朔日に手にした日月神示に記された頁を読みながら

この目にうつるものは
只管
生きる姿です

今 目の前に映るものこそ
自分自身であると
気付くこと

其処にあるものこそ内なる心

なのかなと。

別窓 | つぶやき | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| こころ | 検査結果>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| こころ |

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。